諸手続

書類上の引っ越し完了

 昨日、工務店さん経由で登記をお願いする司法書士さん※1から連絡が入っていました。9月の第一週までに、新住所の住民票と印鑑証明書を揃えて、事務所に印鑑を持って来てほしいという内容。妻が電話で細かい内容を聞いていたのですが、「K市(新住所)は住民票や印鑑証明を取る時、ご本人様が市役所に行かないと日数がかかるなど、かなり面倒ですので、なるべく早めに転入の手続きをしてください」というアドバイスがありました。

 クルマを車検に出せる9月5日以降に予定していた転出・転入の手続き。住所が代わり、ナンバーも変えるとなると車検もいろいろと面倒じゃないか…と思っていたのですが、クルマ屋さんに聞いてみると「全然、問題ないですよ」という返事。ということで、夏休みが1日残っている今日、実行することにしました。

082201tenshutsu  現住所のN市H区役所に出向いて転出届けをもらった後、妻が使う家電類を一緒に買うために妻のご両親と合流。その足でK市の区役所で転入届けと実印を登録。しばし待って(この間、待合室のテレビで甲子園決勝の逆転満塁ホームランを見届けてしまった…)、住民票と印鑑証明が出てきました。K市役所の駐車場にクルマを停めたまま、市役所前にオフィスを構える工務店さんの目の前を徒歩で通り過ぎて、100mほど離れた司法書士事務所へ。取得したばかりの住民票と印鑑証明を託し、委任状に捺印をして手続き完了です。

 その後、K警察に行ってクルマのナンバーを変えるのに必要な車庫証明の手続きをした後、K市の隣、M市にある家電量販店に出向いて、あらかじめ機種を決めておいた冷蔵庫・洗濯機・食洗機・リビング照明を購入。4人でお茶をして別れました。

 それにしても、9月に入ってからと考えていた転出・転入手続きを、8月中にすることになるとは思っていなかったので、今日の時点で書類上はN市民ではなく(県をまたいで)K市民になっているという実感はほとんどありません。急な手続きだったので、あっけなかったなぁ、というのが実感です。

※1…偶然なのか意図的なのかは分かりませんが、不動産屋から土地を買った時、不動産屋経由で土地の登記をした事務所と同じ司法書士事務所でした。担当者こそ違いましたが、土地の金消契約時、司法書士さんにM井S友銀行の支店まで来ていただいています。抵当権がM井S友銀行から地銀に移っているのを見て、今回の担当の司法書士の先生は、何を感じるのでしょうか(笑)。三井住友銀行

| | コメント (2) | トラックバック (0)