サイディング工事

上棟から1ヶ月(2)

071604gaiheki  連休2日目、監督さんには告げずに「お忍び」で現場に行ってみたら、大工さん(2人)と外装屋さん(1人)が来て、作業をされていました。大工さんにお会いするのは3週間ぶりぐらいかも知れません。大工さんは引き続き天井などの造作を、外装屋さんは外壁通気工法のための同縁(防腐・防虫処理をした材木)の取り付けをしていました。

071605gaiheki 外壁通気工法の施工では、外壁通気工法を理解しない職人さんが、同縁をサッシや天井下地とつなげて取り付けてしまうために通気層がふさがれてしまい、通気ができなくなるというトラブルが多いようなのですが、休憩中に外壁屋さんが「何か聞きたいことはないですか?」と聞いてきてくれたので、「いろいろと取り付けているうちに、空気の流れを塞いだりしないんですか?」と聞いてみたら、「そうならないようにやっていますよ」とのこと。外壁通気工法を理解してくれているようで、安心できました。

 新潟で大きな地震がありましたが、この地(一応、新潟の隣の隣の県)では揺れなかったそうです。もしかすると制振装置の油圧ダンパーが動いているかも知れないと思ったのですが、さすがにその働きを見ることはできませんでした…。もっとも、油圧ダンパーが威力を発揮する機会が来なければ、それが一番いいのですが、かなり大きな被害が出ているようですので、これ以上、被害が広まらないことを願うのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上棟から1ヶ月(1)

071601gaiheki  上棟から1ヶ月が過ぎました。連休初日(仕事の都合で、今回は2連休になってしまいました)、工務店さんの監督さんと営業さんの立ち会いで現場を見ることに。前夜に通り過ぎた台風が心配でしたが、バルコニーやサッシ周りの防水工事、外壁の防水透湿シートの貼り付けなどは台風が来る前に済ませて、外周を覆っていたビニールシートも撤去しておいたとのこと。サッシのガラスも入っていたので、心配はなさそうです。

071602tenjyo  中に入ると、天井の造作が始まっていました。1階の居室部分はほぼ終了。今、住んでいるアパートの天井高は230cmですが、この家はそれより10cm高い240cm、少しだけ余裕があります。最近の注文住宅の主流は260cmですし、工務店さんでも「標準仕様外になるので金額はプラスアップになりますが、260cmも可能です」とは言われたのですが、当初考えていた大手D社の企画商品でさえ240cmでしたので、そこまで欲張ることはないかなと思い、240cmにしました。

071603zenkei  外周のシートが外れているので、久しぶりに(上棟直後以来?)、家の全景を見られるようになりました。こうやってみると、かなり、「家」らしくなっていることが分かります。庭(看板の後ろ)には、サイディングが運び込まれていました(1階と2階で色分けするので2種類あります)。ちなみに、駐車場は3台分。駐車場が苦手な妻でも、なんとかなる大きさです(道路との段差さえクリアできれば…ですが)。

 少し前にエアコン配管の位置決定をしたのですが、ほとんどの位置がサッシのシャッターボックスに干渉することが判明。この日に位置をズラしました。監督さん、「すっかり忘れてしまっていました、申し訳ないです」と、さすがにバツが悪そうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)