ペット

しつけ教室:ホールドスティール&タッチング

0316kenta01  出勤当番日だったのに、奇跡的に仕事が入らずに休みになった土曜日。妻が探し当てていたものの、なかなか行くきっかけのなかった、市内の「テラス席ワンコOK」のカフェに行ってきました。すっかり晴れて気持ちのいい空の下、モチモチ生地のワッフルクレープと、おいしいコーヒーでまったり。最初のうちはそわそわしていた謙太も、周囲のお客さんに迷惑になることもなく(というか、テラス席には自分たち以外、誰もいなかったんですが)、ゆっくりとグデグデしてくれていました。帰ってから散歩に行ってきましたが、暖かくて眠かったせいか、道の真ん中でグデグデを始めると、なかなか動いてくれません。これからどんどん温度が上がると、このグデグデ度も加速していくんだろうなぁ…(笑)。

 散歩の後、数日前から左目の目脂が多くて、なんとなく腫れぼったいように見えたのでいつもの獣医さんに連れていったら、結膜炎でした。角膜などに傷は入っていないとのことでひと安心。目薬と瞼に塗る軟膏をもらって帰ってきましたが、財布に入っている現金だけでは、お会計が足りませんでした(汗)。めちゃくちゃ高額というわけでもないんですが、獣医さんに行く時は、やっぱりある程度の現金は入れておかないと…。

0317dri01 さて、日が変わってドッグリゾート犬山(DRI)さんでのしつけ教室の2回目。課題は「ホールドスティール&タッチング」。リーダーウォークの復習の後、ランの上にシートを広げて犬を座らせ、飼い主がその上からしっかり押さえつけて、身体のいろいろな部分を触られても嫌がらないように慣れさせる練習です。

0317dri02  実は謙太、産まれつき?身体のどの部分を触ってもそれほど嫌がらないのですが(獣医さんでも多少動きますが、最終的にはなんとかなりますし、おとなしいですねと言われます)、実際に「ホールドスティール」をやってみると、これが結構暴れてくれます(笑)。

0317dri03  先生には「どれだけ暴れても、絶対に離さないでください」と言われたのでそうしたのですが、もはや、柔道やプロレスの寝技と同じ状態(笑)。力ずくで押さえつけるのはちょっとかわいそうな気もしますが、上下関係をしっかりと身につけてもらうためには、仕方のないこと。なんとか、時間内にこなすことはできましたが、自分より非力な妻に、同じことができるのか、ちょっと不安だったりします…。

0317dri04  1時間の教室を終えて、ランに戻ると、しつけ体験教室に参加することになったコロンボくんがいました。さっそく、中部インターで再開した時のようにガウガウ。しかも、ノーリードのおかげで大盛り上がり。同じ犬種で、これだけ盛り上がってガウガウしている光景は、DRIさんでもなかなかお目にかかれないのではないかと…。コロンボくんも体験教室を経て、2回目以降のプログラムに参加してくれるそうなので、これから毎週、このガウガウを見ることができそうで、ちょっと楽しみです。

0317dri05  今日のDRIさん、しつけ教室3クールと、プロのカメラマンを招いての無料撮影会という2大イベント、そして好天が重なったこともあり、いつもの3倍ぐらいのワンコと人で大盛況。いろいろなワンコや人とお会いすることもできましたが、やっぱり、ビビちゃんとしっかり盛り上がってくれた謙太でした。人間には快適な季節になってくるので(犬にはちょっと暑いかな…?)、これからの土日も、イベントが重なった今日ほどの盛況はなくても、ワンコと人でいっぱいになりそうな気がします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初ドッグショーで同胎犬に会う

 謙太を連れて、「FCIインターナショナルドッグショー」の見学に行ってきました。先日お会いしたばかりの、ましゅーくんが出陳していたのですが(実は現場に着くまで、ましゅーくんの出陳を知らなかった自分。妻は知っていたんですが、ちゃんと話を聞いてなかったし、いろいろとあって、出陳することがちゃんと書いてあった、ましゅーママさんのブログを読んでいられませんでした…申し訳ないです)、審査の時間に間に合わなくて、応援はできませんでした。

 審査が終わった直後にお会いしたんですが、オーナーハンドラーとして出ていたママさんも、ましゅーくん自身も、緊張感が残っているのをひしひしと感じました。全国から選りすぐりの優秀な犬がたくさん出陳される大きな大会ですから、真剣になるのは当然のこと。もし、応援していたら、同じぐらいに緊張したと思います。今日は応援はできませんでしたが、ましゅーくんとママさん、パパさん、本当におつかれさまでした。

0302namida01  先日、ましゅーくんとお会いした時には、ヒートでオーナーさん(なみだくん)のみの参加だった、なみだちゃんも来ていました。ヒート明けで出陳はできなかったそうですが、小さくても元気いっぱい、だけどショードックらしい落ち着きを感じたのは、さすがですね。

0302col01  今日はこの会場に、謙太の出身のブリーダーさんご夫妻と、5頭いる謙太の同胎犬のうちの1頭、コロンボくんとご家族が来ることも聞いていました。ましゅーくん同様、コロンボくんも我が家とそれなりに近い距離に住んでいると聞いていたので、ぜひお会いしたいと思っていたのですが、今日になってかないました。

0302col02  謙太と同じトライカラーのコロンボくんですが、ブラック&タンなので黒いところが多く、顔つきもなかなかなかなか精悍です。輪郭などは謙太と似ているな~と思うのですが、並んでみると、見かけにも性格にも個性が出ているのが分かります。妻は「コロンボくんみたいな顔の女の子が欲しい」と言っていますが、さて、実現できるでしょうか(笑)。

0302col03  ましゅーくんとなみだちゃん、コロンボくん以外にも、大阪からやってきたブーくんとハニーちゃん(ハニーちゃんは出陳犬でした)や、お名前を伺えなかったバセットも数頭いました。さすがにショーだけあって、バセットは珍しい存在ではないみたいです。それ、何ていう犬ですか?なんて聞かれることもありませんでした…当たり前か(笑)。

0302hnd01  ブリーダーさんが出陳する時にお願いしているプロのハンドラーさんが、今日は別の出陳犬のハンドラーとして出場していたのですが、ブリーダーさんが声を掛けていただいて、コロンボくんと謙太も見ていただきました。「体重を乗せすぎなければ、ショードッグとして通用しますね」と、お褒めの言葉をいただきました。謙太をショードッグにすることは今のところ考えていませんが、嬉しいですね。ハンドラーさんの前で、犬が変わったように、ポージングを決めてくれる謙太でした(飼い主の前じゃこうはいかない…)。

0302sb01  妻はむらさきさん(ヒート中のアルル姉さんはお留守番でした)と一緒に、バセットグッズを買い漁り、ランでもなかなかお目にかかれないニューファンドランドやセントバーナードといった「モフモフ系@超大型犬」を撫で回せてご満悦の様子。楽しかったです。来年も来たいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

炭シャンプーでツヤツヤに

 ドッグリゾート犬山さんに、セルフシャンプーに行ってきました。今回は、妻が前から「使ってみたい!」と言っていた炭シャンプー持参です。

0224before  シャンプーの前は、少しだけぬかるんだランでおもいっきり暴れて(?)もらいました。先週に引き続いて、アフガンのビビちゃんやロットワイラーの大和くんと楽しくガウガウ。相変わらず、ビビちゃんとの盛り上がりはすごいです。そんな感じで、鼻も耳も背中もしっかりと汚れたところで、炭シャンプー。寒かったせいか乾かすのに時間がかかり、いつもは90分だったところを120分に延長。ちょっと苦労しました。

0224after  でも、苦労のかいあって、洗いあがると本当にツヤツヤでサラサラに。撫で回すのが楽しくなり、同時に、散歩に出すのが惜しくなってきますね。でも、ご本犬はそんなことはお構いなしに、さっそくよだれをブルンブルンさせて、背中や耳に撒き散らしてくれましたが(笑)。でも、ツヤツヤになった謙太を撫でていると、幸せを感じます…あ、もちろん汚くたって幸せは幸せですけど、ツヤツヤになっていると、なおさらそれが増える、ということで。

 今度、ドッグリゾートさんに行くのは、しつけ教室の2回目。ちょっと間が空いて3週間後のことになります。最初に教室を受けたのは自分ですが、2回目からは、妻がリードを持つことになりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小ネタ5連発

 普段書かないので一気に出します(笑)。

近くて遠い存在

 12日、男前バセットハウンドのましゅー君に会えるのを楽しみにしていたのですが、諸般の事情でご対面は叶いませんでした。男前バセットとは何たるものかを、謙太にビシっとレクチャーして欲しかったんですが…(笑)。住んでいる距離はそれほど遠くないはずなのになかなかご対面できない、ましゅー君は近くて遠い存在です。

ライブカメラ

0118camera01  やろうと思って、なかなかできなかったライブカメラをようやく設置。カメラの場所とパソコンの置き場が一番の悩みだったのですが、長らく使っていなかったモバイルPC(東芝 Libretto L3)を引っ張り出してソフトをインストール。カメラとの接続はカミさんが実家用に買った、ケーブルの長~いUSBハブを使って解決。インターネット上でも見られるような設定にちょっとコツがいりましたが、外出先から携帯でも見られるようになりました。さすがにリアルタイムの動画は無理ですが、これだけ見られれば上出来かな。カミさんの携帯(au A5516T)からは普通に見られるのに、自分の携帯(au MEDIA SKIN)からはパケ代の高いフルブラウザを使わないと見られないのが解せないところですが…。

Snapjpeg005  これで留守中も安心…と思いきや、つけたらつけたで、仕事中に合間があると、ついつい携帯を取り出してチェックしてしまいます。昼間はだいたい、グデーっと寝ているだけなので、あんまり代わり映えはしない…と分かっていても、ついつい携帯の再読み込みボタンを押してしまいます。

抜け毛

 最近、特にすごいです。ブラッシングをしてもしてもしてもしても、どんどんどんどん抜けてきます。これだけ抜けても禿げないんですから、食べたものはほとんど、あのタルタルの皮と毛として吸収されているんでしょうか(笑)。

 バセットハウンドはブラッシングの頻度が少なくても構わない、手入れの楽な犬種だと言う人もいますが、固くて短い抜け毛がたくさん出るので、その処理が大変なのは他の犬種以上かも知れません(もちろん、手入れが楽だからと思ってバセットを選んだわけじゃないですが)。

ペット保険

 仕事のリーダーが飼っている10歳のビーグルが急に食欲をなくしたので獣医に連れて行ったら、肝臓と脾臓に血塊が見つかり、しかも肝臓ガンまで発見。診断結果は「このままだと余命2週間。手術がうまくいっても1年」。そして、摘出と2週間の入院。そこまでにかかった医療費を聞いて、こちらが卒倒。いきなりそれだけの出費を迫られるのは、正直、きついです。

 やっぱりペット保険は必要かなぁ…と思うのですが、よく知られている「ペット保険」はいわゆる「共済」しかなくて、日本唯一のペット「保険」は掛け金がかなり高額。しかも、この春の保険業法改正の猶予期間が終わる影響で、「共済」のペット保険はサービスそのものが存続できるかできないかが微妙な状態らしい。保険が必要なのかどうかということも含めて、迷うところですね。

コイツの苦手なモノっていったい…?

 散歩中にリードを噛んで一人エキサイトすることがあります。その時にリードを引っ張ると、引っ張り合い遊びになってしまって逆効果。こうなったらリードそのものを噛ませないようにするしかない!ということで、ビターアップルを買ってみました。犬が苦手なりんご由来の苦味成分のある液をリードにスプレーして、リードかじりをやめさせようという思惑です。

0118bapple01_2  ところが、これが全然効きません。最初は確かに嫌がるのですが、一度噛んでしまえばそれ以降はスプレーしていてもいなくても同じように一人でエキサイト。試しに、新しいサークルの木製も噛むので、これを防ごうと思ってスプレーしてみたのですが、何食わぬ顔してカジカジカジカジ…こりゃダメだ(汗)。

 そう言えば、犬は柑橘系の香りが苦手らしいので、食糞をやめさせるために100%レモン果汁を使ったことがあったのですが、効いたのは最初だけだったこともありました。いったい、コイツに苦手なモノはあるんでしょうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サークルを買い換えました

0118circle01  体重10キロで我が家にやってきた謙太もついに15キロを超え、16キロに載りました。体長もバセットらしく、みるみるうちに長くなり、皮もタルタルに。そして、来る前に用意してあったサークルも手狭になり、同じサークルを使っていたというアルルちゃんのご主人さま、むらさきさんから強度面での不安を指摘され、買い替えを決意。手ごろサイズで強度のあるウッディサークルをネット通販で買いました。

 実はこのサークル、地元のホームセンターにも売っていて、最初も買おうと思ったのですが、2万円オーバーという価格に尻込みしてしまいました。「何かあったら、こっちに買い換えればいいよね」という話になって、安くて少し小さいものを買ったのですが、ネット通販でホームセンターより送料込みでも2割ほど安く買えることが分かり、買うことにしました。通販だと玄関先まで持ってきてくれるので、いいことづくめです(笑)。

0118circle02  組み立てて置いてみると、それなりのお値段がするだけあって、今までの安っぽい(失礼)サークルとは違った重厚感。しかも、身を乗り出して掃除をする時、サークルに手を掛けてもビクともしないので、安心感があってかなりいです。ただ、ネット上の評判で分かっていたことですが、木でできた部分を早速かじられました。あと、出入り口の部分が上がっているので、出入りの時につまづいてすっ転ぶこと数回。そのうち慣れるとは思いますが、やっぱりドッグランに行った時のようにドン臭いです(笑)。

 最初からこっちのサークルににしておけばよかった…という気持ちはなくもないのですが、今までのサークルは予備として何かに使えそうなので、それはそれでよしですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たっぷり遊んでたっぷり汚れて…

 長いと思っていた年末年始連休も、今日で終わり。振り返ってみれば、あっという間でしたね。明日以降はまた普通に仕事です。ぷち「サザエさんシンドローム」に陥りつつ、気持ちを切り替えながら、明日以降の仕事のタスクリストをメモっていたりします(笑)。

0106inuyama02  そんな最終日は、謙太とドッグリゾート犬山さんへ。12日に待望のましゅーくんと会うことになっているので、少し早めですがセルフシャンプーをするためです。どうせならしっかり汚れていただこうと、シャンプーの3時間前にランに行って、走り回ってきました。

 

0106inuyama01  いつもはランに行っても、クンクンと周囲の匂いを嗅ぎまわっているだけの謙太でしたが、今日は7ヶ月のウィペットくんを追い掛け回し、野太い声で吠えながら「あそぼっ!」を繰り返すほど、積極的になっていました。もっとも、ウィペットとバセットでは走る速さが違いすぎ。ちょっとしつこい謙太の誘いにウィペットくんがスタコラと逃げてしまうと、追いかけることもなく、クンクン嗅ぎまわりモードに戻っていましたが(笑)。

 前回お会いした、スタンダードブルドッグのぶぶちゃんとも再会できました。初対面の時ほど、ずーっと一緒にいたわけではないんですが、スタンダードブルドッグのあの顔と、愛嬌のある行動のミスマッチは、いつも見ていて飽きません。隣のケンネルさんにスタンダードブルドッグのパピーちゃんがいたので、見に行ったのですが、もう、言葉にできない可愛らしさ。まだオーナーさんは決まっていないみたいですが、可愛がってもらうんだよ。

0106inuyama03  でも、スタンダードブルに負けず劣らず、ケンネルにいる4ヶ月のアフガンハウンドのパピーちゃんも可愛かったです。グレードデンのデンコちゃんを母親のように慕って、チョコチョコと付いて回るその姿が、ますます可愛いんですよね~。

 たっぷり遊んでたっぷり汚れて、たっぷり洗って帰ってきました。さて、来週はいよいよ、ましゅーくんとのご対面、今からものすごく楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

現実は厳しい(笑)

 連休を使って、いまいち思い通りになっていない謙太のトイレトレーニングを軌道に乗せるべく、用を足した時間や成功失敗をメモして、その度に対策をしてきたんですが、成果は上がっていません…。

0105tray01  目標ひとつ目は、オシッコは必ずトイレトレイの上にさせること。サークルに入っている時の失敗は、トレイの向きや位置を変えて成功率は上がってきたのですが、サークルの外で遊ばせている時、部屋に置いてある予備のトレイには見向きもしてくれません。家に来た当初はきちんとできていたはずなんですが…。理想を言えば、サークルから出ていてもオシッコしたくなったらサークルに戻ってきて、その中のトレイに用を足してくれることなんですが、そこまでは求めません。とにかく、トレイの上で用を足すように習慣付けたいです。

 目標ふたつ目は、食糞をやめさせること。これは見つけ次第、さっさと片付けるしかないんですが、部屋に一緒にいると「取られる」と察するのか、すぐにパクリとやってしまいますので、察する前にさりげなく取り上げるのが大変です。ただ、散歩中と留守中には食べようとしなくなりました。以前は所構わず食べようとしていたので、成長するにつれてなくなる、というのは納得できなくもないのですが、いつまで続くのかな、と思うと、ちょっと不安です。

 オシッコも、成長するつれて変わるものだと思うのですが、今のところ、散歩中にマーキングをする素振りも見せません。マーキングをするようになったら、教え込んだ習慣が変わってしまうのではと思っています。いったい、排泄はどういうタイミングで、どこにどうやってさせるのがベストなのか、ちょっと分からなくなってきます。

 カミさんの意見では、オシッコもウンチも外で済ませるけど、それができない時はトレイの上で済ませる、というのが理想だそうです。自分もそう思うのですが、トレイの上でさせるという時点で、つまづきかけています。

 普段から謙太と留守にしていて、トイレトレーニングに悪戦苦闘しているカミさんの苦労が、とてもよく分かりました。だからこそ、休み中にある程度は解決しておきたかったのですが、現実は厳しいです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフシャンプーと検査報告書

1224dri01  先日の3連休の最終日、ドッグリゾート犬山さんに遊びに行きました。初めて見るスタンダードブルドッグと謙太が、不思議と意気投合しているのに笑ったり、周りの大型犬が激しいガウガウを繰り広げる中、謙太だけは「みなさん、お元気ですねぇ」と言いたげに、遠巻きに眺めていたりするのにもまた笑ったりと、楽しい一日を過ごしました。

 この日、本当はランの後、セルフシャンプーをするつもりだったのですが、なぜか朝からドッグリゾート犬山さんの電話がつながらずに予約が取れず。家を出る時間も遅くなってしまったのでランだけにしたのですが、希望の時間には他の犬がセルフシャンプーの部屋に入って行ったので、どのみちダメだったかも知れません。

 今日(27日)は、先日の休日出勤の代休日。予約なしでセルフシャンプーに出向いてみたら、平日だけあってランもカフェもガラガラ。そして、シャンプーも予想通りに予約なしで使えるとのこと。カフェで軽いお昼を食べてから、90分かけてしっかりと洗ってやってピカピカに。これで、新年を迎える準備もできました(笑)。

1227kensa01  家に帰ってきてから、一人で謙太と散歩に。妻に家事をしながら留守番してもらっていたのですが、その間に工務店の監督さんが来て「お待ちかねのモノ」を持ってやってきたそうです。それが、第三者機関による施工検査報告書兼瑕疵保証書と、外構追加工事分の請求書。第三者機関(住宅検査業界最大手のJ社以外)によるチェックが標準で入っていたのが、この工務店に決めたきっかけだっただけに、この報告書は待ちに待ったものでした。

1227kensa02  報告書の細かい内容は後ほどのエントリーに譲りたいと思いますが、この家の工事の総合評価は9段階中の3番目の評価(レベル的には高水準な部分を有する=一般的なレベルのひとつ上)。工務店指定の検査会社だったにもかかわらず、ベタ誉めの評価ではないので、それなりに客観的なのかな、と思いました。

 そう言えば、実の兄の紹介で契約寸前まで行った大手D社を取り下げて、この工務店に決めた経緯も途中書きでした。連休中に書…けるかな?(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謙太、ついにルークくんと会う

 「ドッグリゾート犬山」さんでアルル姉さんとの初対面を果たし、まずまずのドッグランデビューを果たせた謙太に気を良くした我が夫妻。その翌週に「Twins Cafe 風雅」さんでドッグカフェデビューを果たし、そして今日、あのイケメンフラッティ、ルークくんとの初対面を果たした「さくらandドレミ」さんで、今度は謙太がルークくんとの初対面と相成りました。

1222doremi01  むらさきさん(アルル姉さんのオーナーさん)から、「ルークくんは遊び上手ないい子ですよ」と聞いていたのですが、本当にその通りでした。まだまだ、上手に挨拶ができない謙太もちゃんと受け入れてくれましたし、遊ぶときもちゃんと、身体のまだまだ小さな謙太に合わせてくれたように思います。

1222doremi02  あいにくの雨で外のランが使えなかったのと、ルークくんの遊び相手、バーニーズで看板犬のかのんちゃんがお休みしていたため、本調子が出ていないルークくんですが、仲良しのゴールデン、モコちゃんが遊びに来た途端に本調子に。大型犬同士のガウガウ遊びは、やっぱり迫力があって、見ていて楽しいです。

1222doremi03 モコちゃんもまた、謙太の慣れない挨拶をちゃんと受け入れてくれました。身体の低い謙太が匂いを確かめられるよう、嫌がることもなく、ちゃんと足を上げてくれたりしていました。

1222doremi04  本調子になったルークくん。モコちゃんが一休みすると、今度は謙太と遊んでくれました。さすがに、打ち解けてモコちゃんのようにガウガウ遊び…とまではいきませんでしたが、走り回る謙太を楽しそうに追いかけていました。追いかけられる謙太も嫌がらずに、楽しそうでした。ただ、ときどき疲れるのか、グデーっといつものポーズで寝てしまうこともありましたが…(笑)。

1222doremi05  モコちゃんの他には、柴犬系(だと思う)のミックス犬、クロちゃんとシェットランドちゃん(名前失念…)がいましたが、クロちゃんが謙太に興味津々でいい感じでした。ルークくんのような遊びはしていませんでしたが、謙太が慣れてくれば、いい遊び相手になれそうな気がして、楽しみです。

 あいにくの雨で外のランでは遊べませんでしたが、室内ランでしっかり遊べたので、これはこれでよかったです。今度は外のランで遊ぶぞ~!

 今日、お世話になったワンコの皆さん、そしてオーナーの皆さん、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドッグランデビュー

 妻がブログで予告していた通りに、今日、謙太がドッグランデビューしました。

 「イヌ付き合い」は、散歩を除けばほとんど初めてのことになるので、馴染んでくれなかったら…とか、他の犬に吠え掛かったりしないか…とか、飼い主としてふさわしい行動ができるのかどうか…とか、いろいろと心配はしましたが、無事に済みました(逆に、他の犬や飼い主さんの行動を見て、いろいろと考えさせられることもありました)。

1202run01  妻が「コイツのことだから、とにかくいろいろなところの匂いをかぎまくって、気が済んだら他の犬そっちのけで和む(=寝る)んじゃないかな?」と言っていましたが、いろいろなところの匂いをかぐのはその通り。さすがは嗅覚ハウンドなだけあります。だけど、他の犬との挨拶もそれなりにできていたみたいです(相手次第のところもあるけれど)。

1202run02  リードを外してやれば、相手との気さえ合えば、一緒に走り回ったりもしてくれていましたが、たまたまこのランにいた、ルークママさん宅のルークくん(フラットコーデットレトリバー)専属のトレーナーさんに「最初のうちは、リードをつけたまま、人懐っこい犬と触れ合わせたほうがいいかも知れないですね」とご意見をいただいて、それからはそうしました。楽しく遊んでいるうちはいいけれど、興奮し始めると何をしてくれるのか、まだまだ分からないところもあるので、そのほうがいいでしょうね。

1202run03  今日は謙太のデビューも楽しみだったのですが、それ以上に楽しみだったのが、謙太と同じブリーダーさん出身(お祖父さんも同じ)の、むらさきさん宅のアルルちゃんとの出会い。もうすぐ2歳になる、レモンカラーの女の子バセットです。謙太を引き取って以来、謙太以外のバセットを見ていないので、なおさら楽しみでした。本当に、ブログに載っている写真とまったく同じで、いろいろな意味で(?)想像どおりのバセットでした。撫でると、謙太にはないタルタル感ともちもち感(?)があって、やっぱり女の子なんだな~と感動。謙太もこうなってほしいです(無理かな?)。

1202run04  謙太と初対面させると、仲が悪そうではないけど、謙太がどうすればいいのか分からず、ちょっと腰が引けてしまっているような感じ。アルルさんは尻尾を振っていて喜んでいてくれるようなので、少しずつ慣れてもらって、一緒にいろいろと遊べるようになってほしいですね。

 むらさきさんの話を聞くと、ましゅーママさんが謙太に会いたがっているのに、仕事があって会えないのを残念がっていたそうです。そういえばルークママさんも、別のランに行く予定があるとのことで来ていただけなかったし、まだまだ、お会いしたい方(犬?)はたくさん残っています。特に、写真で見て、バセットとは思えない風格を持つましゅーくんには、絶対に会いたいと思っています。

 これで晴れて、謙太を連れて出かけられます。これから、いろいろな出会いを楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)