犬:お遊び

謙太くんの大晦日

 かみさんと「来年の2泊以上の旅行に備えて、どこかで練習しておきたい」という話になり、大晦日から正月2日まで、車で1時間ほどのかみさんの実家にお世話になることになりました。もちろん、謙太も一緒です。

 Twins Cafe 風雅さんでモーニングを済ませて(多くのドッグカフェやランが年末年始休みを取る中、風雅さんはカレンダー通り、しかも定休日になる元旦でも営業するとか。お疲れ様です)、国営木曽三川公園へ。無料のドッグランがあると聞いて行ってみたのですが、どうやらコチラを勘違いして覚えていたみたいで、ここにドッグランはありませんでした。普通に散歩になりましたが、少し寒かったのですが、天気がよくて快適でした。
1231kisogawa01

 かみさんの実家に着いて少し休んでから、今年最後の散歩に。お義母さんが一緒に行きたいというので、母娘と息子の3人で出かけました。1231sanpo01

 これで、親子水入らずの散歩…かな(笑)。1231sanpo02

 夕食を済ませてから、雰囲気の違いを感じるのか、なかなか昼寝をしてくれなかった謙太、さすがに眠くなってきたのか、紅白を見ているお義父さんの膝の上でグデグデ。いつも通り、バリケンで寝てくれるかどうかはまだ分かりませんが、これだけ眠ければ、たぶん大丈夫でしょう(笑)。
1231kouhaku01

 さて、2008年もあと数時間。これで謙太と過ごした1年も、終わろうとしています。いろいろと出かけたいところもありますし、CD-I(家庭犬訓練試験初等科)も来年には受けてみたい…できれば合格したい…し、セラピー犬として活動できる、ある程度の道筋は付けたいと思っています。

 この1年、謙太を通じて、いろいろな場所で、いろいろなかたちでお付き合いをいただいたみなさん、本当にありがとうございました。来年もまた、よろしくお願いします。

 最後になりますが、このブログも@niftyを離れ、移転リニューアル?することになりました。こちらも謙太や飼い主共々、よろしくお願いします。

 じゃ、犬を飼いますか'09 → http://d.hatena.ne.jp/basset-kenta/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善光寺にセントバーナード、じいちゃんと爪切りと。

 平日休みが取れたので、この時ばかりと1泊の小旅行に出ることにしました。朝早くに出て中央道に入り、まずは駒ケ岳SAで休憩。もうちょっといいバックがあればよかったんですが(笑)。
1207koma01

 通勤割引と休日割引を最大限活用するために、複数のETCカードを使い分けてひた走ります。そして、上信越道の長野ICで降りて、まず最初に目指したのが善光寺。犬を連れてここまで入れるというのはすごいですね。
1207zenkoji01

 お参りを済ませて、善光寺の近くにある「Heart2dog」というドッグカフェでランチ。ここに先客としてお茶をしていたご夫妻が連れていたのが、なんと生後5ヶ月のセントバーナード!自分の犬をほっぽり出して大興奮していたのは、言うまでもありません(笑)。
1207hart03

 ランチにしながら、長旅で少し疲れた謙太は、いつものように、日向を探してグデグデとしています…が、この時の謙太の手足の爪の長さ、注目しておいてください。
1207hart01

 Heart2Dogさんは、こんな感じでとても眺めのいいドッグカフェ。いただいたランチもかなりおいしいし、大型犬を連れたお客さんが多いということもあり、ちょっと通い詰めたくなりました(って、無理ですけど…)。
1207hart01

 Heart2Dogさんを後にして、向かったのが「ドッグカントリーMEG」。ここは、謙太の父親、龍之介さん(登録名はスザンヌ)の出身ケンネル「ハッピーカントリー」でもあります。龍之介さんの父親(=謙太の祖父)、ジョーイさんや、兄弟(=謙太の叔父)のダビンチさん、謙太の従兄弟になるランビくんなどなど、大勢のバセット一族が住んでいるところでもあります。その一族に、謙太を会わせたかったのですが、ちょっとやんちゃなランビくんとはうまくご対面ができなかったものの、ジョーイさんやダビンチさんからは、一族の一員として認めてもらえたようです(左から、謙太、ダビンチ、ジョーイ)。
1207meg01

 で、こちらのケンネルでは、バセットの爪はなるべく根元に近いところをしっかり切っておくということを実践されているそうなので、謙太もその通りに切ってもらったのですが、すっかり伸びきってしまった謙太の爪、当然、神経も一緒に切ってしまうことに。トリミングルームから聞こえてくるのは、謙太のすさまじいバスボイス(絶叫)。待っている側も、さすがに気が気ではありませんでした。日本では入に入らないという超強力止血剤の力も借りて、無事に爪切りを終えた謙太。フローリングを歩いても、カサカサと滑ることはなくなりました(Hart2Dogの日向でグデる謙太の爪を見ていただければ分かるかと…)。
1207meg02

 ハッピーカントリーさんではかつて、ゴールデンレトリーバーの繁殖もされていたそうで、お店にはラルクさんという初老のゴールデンもいました。彼はショードック引退後は、完璧な訓練を受けた正真正銘のセラピードック(人の顔を舐めたりもしないし、尻尾を踏まれても絶対に怒らない)として活躍。いまはそのお役目も退役して、お店にやってくるお客さんに、その優しさを振りまいています。本当に、見ているだけで癒されます。
1207meg03

 こうして1日目は終わり。ペットOKの宿で1泊(最近できたらしいプチホテルでしたが、夏に行った高山の「わんパラ」より満足度は高いかも?)。さすがに冷えるので、暖房の前から離れようとしない寒がり犬と化した謙太でしたが、翌朝はハッピーカントリーさんの犬舎に向かい、祖母や叔母に会うことにしたのでした。
1207heater01

 ということで、続きはまた後日。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ぶぶ姉さん、お久しぶり!

 3連休の初日、ドッグリゾート犬山さんに行ってみました。まずは、以前会ったこともある、グレートデンのオリバーくんと再会。

1101kenori01  いつもはケンネル所属のデンコ姉さんと、グレートデン同士でガウガウを繰り広げるのですが、デンコ姉さんはヒート中でお休み。その代わり、他のワンコと遊ぼうとするのですが、大きさが違い過ぎて勝手が分からないのか、珍しく謙太が怖がってしまいました。ということで、少し場所を変えたりして、遊ばせてやっていると…、

1101bubu01  なかなか湿疹が治らなくて、その薬の関係でワクチン接種もできず、お散歩もままらなかったぶぶ姉さんがやってきました。ランに入るやいなや、謙太の所に駆け寄ってくれたぶぶ姉さん。謙太とガウガウするわけではないんですが、謙太だけではなく、ランに来るいろいろなワンコに挨拶をして回る、なかなか礼儀者のぶぶ姉さん。これから気候もよくなってきて、また遊べる(会える)と思うと、さらに楽しみです。

1101anjebubu01  ほかには、実はかなりのご近所に住んでいる(らしい)ことが分かった、アフガンのアンジェラちゃん。いつもいつも、ビビちゃんとすごい勢いで追いかけっこをしています。この2頭を追いかけているぶぶ姉さんを見てはじめて、スタンダードブルドッグが全力疾走している姿を見ました。ぶぶ姉さん、アンジェラちゃんも気に入ったみたいです。

1101nerosakura01  そして、DRIの常連さん、ワイマラナーのネロちゃんに、ゴールデンのさくらちゃん。この2頭も仲良しで、楽しそうにボールを取り合って遊んでいました。とてもじゃありませんが、レトリバーのように「持ってきて」のできない謙太が入る余地はありません(笑)。

1101kenbishi01  もちろん、謙太の彼女(…だとオーナーは思っている…)、ビビちゃんとのガウガウもいつも通りでしたが、今日は9ヶ月の柴犬の男の子(名前失念)が参戦。どうやら、ビビちゃんにものすごく興味があるようで、しきりに後ろに回ってました。ここまで洋犬にフレンドリーな柴犬も、初めて見た…かも。

1101happy01  お久しぶりと言えば、グレートピレニーズのハッピーちゃんもそうでした。おっとりさんな彼女、あまり他の犬と遊ぶことはないのですが、いつもながらモフモフで真っ白でキレイなので、見ているだけで癒されそうです。オーナーさんと離れても、おとなしく座っていられるのは、すごいなぁと思います。

1101yasuragi01  ということで、3連休の初日は過ぎました。2日目は近くの里山を使った公園で少しだけ山歩きの気分を味わって、3日目はいつもより長めの散歩に連れ出した以外は、家でのんびり。実は、連休明けから週末まで研修出張で家を離れるので、少しぐらいは謙太と一緒にいたいなぁ…と思ったわけです(3泊する準備もありましたし…)。というわけで、このエントリーは宿泊先のホテルに持ち込んだ自分のノートパソコンで書いているのですが、ライブカメラを見てみると、特に寂しがる様子もなく、いつも通りにグデグテしている謙太の姿が。3晩家を離れて、ホームシックにかかりそうなのは、他ならぬ自分かも知れません(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

何事も一進一退?

 日曜日の恒例行事、マロンさんの社会性しつけ訓練に出席しましたが、珍しく謙太が言うことを聞きません。途中参加のキャバリアのオーナーのお父さんに、やたらと愛想を振り巻くばかり。あまりにも言うことを聞かないのでリーダーウォークに移ると、今度は低い声で唸りだし、すごい勢いで怒るまでに。謙太にしては珍しい態度です。

 そうこうしているうちに、日中は持つはずの雨が降ってきました。いつもは1時間半のプログラムが30分少々で打ち切りになってしまい、引き上げてきましたが、帰り際、見るに見かねた先生から声を掛けていただきました。「そういう時はジェントルリーダーに変えて、人間は黙ってリーダーウォークに移るようにしてください。今の状態だと、何かあった時に我慢できずに、怒る癖がつきかねないです」とのこと。

 ついつい、リーダーウォークに移る前に「ダメ!ダメ!」と声を掛けてしまいがちなのですが、ここを「耽々と、黙々と」リーダーウォークに移るのがポイントのようです。あと、うまくできた時に褒めることも忘れがち…、まだまだですね(笑)。

1005dcafe01  訓練を引き上げて、「テラス席ならワンコOK」の「D-Cafe」へ。道中、クルマのナビ君に、一方通行を逆走しろと言われて困ったもののなんとか到着。タイル貼りで屋根と日除けつきのテラス席で、少し早めのランチにしました。ランチメニューの種類が少ないのと(カレーライスぐらいしか食べられるものがありませんでした…味はまずます)、食後のつもりだったコーヒー(紅茶)がカレーライスと一緒に来たのはどうかなぁ…と思いましたが、それを差し引いても、なかなかいい店だと思います。

 帰ってきてもまだ14時前。謙太も人間様もお疲れモードだったので少し昼寝。人間様は夕方に起き出して買い物や夕食を済ませて戻ってきました。謙太にゴハンを食べさせてから、右耳に外耳炎の薬を塗ろうとしたら…、な、なんと…。

 問題なかったはずの左耳が、外耳炎を発症していました(泣)。

 2日前に左耳を掃除した時は、なんともなかったのにこの状態。まだ、獣医さんに診てもらったわけではないので断言はできないのですが、右耳と同じような耳垂れ(色が濃くてドロっとした耳垢)が出ていて、内部に血が滲んでいるので、間違いはないと思います。でも、正直、右耳が治らないどころか、左耳まで発症してしまったとなると、かなりショックです。

 前回の診察では悪化はしないけれど改善もしないということで、検体を採ってどんな薬が効くのかを改めて調べると言われました。その結果が出るのに2週間かかるそうで、次の診察の時にその結果が出ると思うのですが、そこできちんとした結果が出て、獣医さんがきちんとした薬を処方してくれるのを願うだけです。

 こんな状態で、訓練も外耳炎も、一進一退が続いています。訓練はともかく、外耳炎は早く、なんとかしたいです。だって、こちらの財布が持ちませんから(涙)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小ネタ4題

 ぱうちゃんの話をトップにしたままでは彼女が成仏できないようなので、最近の小ネタを4題ほど挙げてみます。

  • アルバムを増やしました

 お気づきの方もいると思いますが、アルバムを2つ作りました。

  1. [2008.08]謙太くんの夏休み
  2. [2008.09]ドッグリゾート犬山にて

 これからは、写真が多くなるエントリーは、アルバムにしていきたいと思います。

  • イレトレーニング

0921toiret01_2  いまいちモノにできていなかった、謙太のトイレトレーニング。トイレトレイを2つ並べて、ようやく命中率がほぼ100%になったのですが、逆にど真ん中過ぎて、2つのトレイの間に命中(=結果的に床がびしょ濡れ)してしまうことも数度。巨大サイズのトレイはお値段が張るし、シートの交換も大変だからと、なんとかトレイ1つにして覚えてくれないものかと試行錯誤をしていますが、トレイの上に立って用は足してくれるものの、肝心の「位置」は外してしまいます。やっぱり難しいですね。

 道産子・ボスくんはトイレトレイにブックエンドを立てて、ボスくんが迷わないように工夫しています。これはいいとブックエンドを探してみても金属製ばかりで、こういう用途に流用するのはちょっとはばかってしまいますが、なんとかプラスチック製のものを探して、試してみたいと思います。

  • なっがぁ~~~~~~い犬

0921logdog01_2  謙太の体重、20キロ前後を行ったり来たりしています。お里のママさんからは、「謙太くんなら25キロぐらいがちょうどいいですね」と言われたのですが、なかなか増えません。個人的には、もうちょっと体重が増えて、体のボリュームも出てくれるといいのになぁ…と思いますが、獣医さんやセラピードッグトレーニングでお世話になっている先生からは、「これぐらいがいいですよ。重いと足に負担もかかりますから」とのこと。ブリーダーさんが見るショードッグとしての適正体重と、獣医さんなどが見る健康的なファミリードッグとしての適正体重は違う、ということなんでしょうか。

 でも、体重は増えない代わりに、やたらと縦に伸びてきた謙太。こんな長い犬、ダックスでもコーギーでも、なかなかお目にかかれないと思うんですが…。謙太くんよ、いったい、どこまで長くなるつもりなんだ?

  • 外耳炎、その後

 外字炎が発覚して1週間が過ぎました。薬が切れたこともあり、再び獣医さんに診てもらいましたが、回復はしているようです。でも、まだ投薬は続けないといけないみたいで、10日分(1種類減りましたが…)をもらってきました。イヤークリーナーも、市販のアルコールが含まれているものから、獣医さんで取り扱っているノンアルコールのものに変更。しかも、「耳に直接注して、揉んでからふき取る」という今までの方法はNG。コットンに含ませて、軽く拭き取る(これを週2回まで)という方法に変わります。まぁ、イヤークリーナーを耳に注すと、冷たい液体が耳に入ってくるのが不快なのか、ちょっと謙太が嫌がることもあるので、ちょうどいいと思えばいいのかな…。

 下世話な話なんですが、この外耳炎の治療で、結構な出費を迫られてしまいました。そろそろ、ペット保険を真剣に考えているところ。掛け金と実際の治療費を天秤にかけると、元が取れるかどうか微妙なところですが(まぁ、保険で元を取ろうとする考え方もアレですが)、誤飲などがあって手術となった時の出費を考えると、ないよりはあった方がいいかなぁ、と思います。

 でも、犬種別の保険料を見ると、バセットハウンドは20キロ超えの「大型犬」カテゴリーになってしまうのは、なんとなく解せません…(仕方ないんですけど)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「高山わんパラ」行ってきました

 「今後の遠出の参考にする」という名目で(笑)、「犬連れ大歓迎!」のリゾートホテルとして超有名な、「高山わんわんパラダイスホテル」に行ってきました。

0825wanpara00  交代で取る夏休みの残り1日を利用した、日~月曜日という1泊のみだったのですが、さすがに少し疲れたのと、仕事の都合(恐怖の月末処理が…汗)で今夜を逃すと、来週までブログエントリーができないと思います。というわけで、とりあえずのご報告を兼ねて、写真を何枚か貼っておきます。

0825wanpara0a  個人的に、「いかにも」な犬連れ仕様の施設は、あまり使いたくないという気持ちがあって、「いかにも」な名前をしているわんパラも避けたかったのですが、わんパラ高山は、もともとは長期滞在を前提にしたリゾートホテル。料理もきちんとしていたし、犬連れでも最低限のマナーさえ守れば快適に過ごせるような配慮もあるので、見直しました。

0825wanpara0b  これでもう少しリーズナブルだとありがたいんですが(笑)。神戸の「犬連れOK」のビジネスホテルは確かにリーズナブルだったのですが、周囲に犬を連れて入れる店がないがために食事には苦労しましたし、ランや犬と一緒に入れる温泉なんてありませんでした。やっぱり、値段と満足度は正比例する、っていうことなんでしょうか(当たり前だな…)。

0825kiyomi00  今回の経験で、外泊や移動にさらなる自信がついた分、いろいろと課題もありましたが、こうやって経験値を積みつつ、謙太を連れての旅を楽しんでいきたいと思います。次こそは、「あの3頭」と会うために、四国に行くぞ~!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

誕生日記念旅行

 もう3週間前のことになってしまいましたが(汗)、お里でのお誕生日会を後にして、一路神戸へ。謙太にとって、初めてのお泊り体験と、男前フラッティのティガーくんとのご対面を果たしてきました。その模様はこちらのアルバムへどうぞ。

 リゾートホテルやペンションに泊まり慣れていない自分にとって、今回の宿(ペット同伴可のビジネスホテル…元はラブホテルだったらしいですが)はかなりありがたかったです。ドッグカフェも併設されていて、夜も食事ができたそうですが、残念ながら昨年秋で閉店してしまいました。それでも、かなり貴重で、またかなり、ありがたい存在。実際、休日前の予約はかなり難しいみたいです。次に泊まる時は、犬用パジャマが用意されるというスイートかペントハウスを予約するわ!と、カミさんが息巻いています(笑)。

 日付が変わって、異人館街を散歩した後、ティガーくんの待つドッグカフェ、TORIEさんへ。ティガーくんの堂々とした風格は、サマーカットにしても変わりません。やっぱり、フラッティはいいなぁ~と思いました(飼えないけど…)。奥様といろいろな話をしたり、唐草模様のスヌードをオーダーしたりして、あっという間に15時に。神戸を出て名神高速をひた走り、渋滞もなかったおかげで思ったより早く帰りつきました。

 謙太もいつもより疲れたぐらいで、体調を崩すこともありませんでした。これで、いろいろと遠出するメドもついてきました。11月頃に2泊して、四国に住む「あの3頭」に会いに行くという大イベントを控えていますが、謙太なら大丈夫でしょう。今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七夕組のお誕生日会

 7月6日。ブリーダーさん宅に、謙太とそのきょうだい3頭に、ブリーダーさん出身の5頭が集結。合計9頭のバセットが集い、盛大な?「お誕生日会」となりました。今回の参加メンバーは…、

  • コロンボくん(おっとり長男?ドッグリゾート犬山さんでのよきガウガウ仲間)
  • メロンくん(きょうだいの中で唯一のメロンレモンカラー)
  • セロリちゃん(お母さん似の美人バセット)
  • アルルちゃん(謙太とは従兄弟になります)
  • 諭吉くん(メロンくんのご近所住まい、トリミングのお店で一緒になるそうです)
  • ピットくん(タンカラーがビシっと決まった男前バセット)
  • ラルゴちゃん(謙太のおばさんになります)
  • ハープちゃん(ラルゴちゃんの同居犬、6月にショーに出て応援に行ったイブちゃんの同胎です)
  • 謙太

 写真をたくさん撮ったので、このエントリーでは紹介しきれません(笑)。アルバムを作りましたので、お誕生日会の模様はそちらでお楽しみください。

 きょうだいが集まれる、というのはもちろん楽しいのですが、そのオーナーさんたちとお会いできるのもまた楽しいもの。犬たちをブリーダーさん宅にお願いして、途中、お昼を食べに行ったりしたのですが、同じ時期に同じ犬種を飼おうと思っただけに、なんとなく「通じるもの」があって、楽しかったです。

 犬たちも仲良くできたし、オーナーさんとも意気投合することができました。また来年…とは言わずに、何かの機会があればお会いしたいです。6きょうだいの中で、音信不通になっている1頭の女の子と会うのは難しいですが、次はふーちーちゃんを含めた5頭でお会いできればいいなぁ、と思いました。

 こういった機会を提供していただいた、ブリーダーさんご夫妻にも感謝します。おいしいお菓子をご用意いただいて、さんざん散らかして帰ってしまいましたが、本当にありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

謙太、初めての里帰り。

 謙太を引き取ってちょうど半年。日帰りで伊勢のブリーダーさん宅に「里帰り」してきました。

Hah041301  お出迎えしてくれたのは、産まれて2週間少しのパピーちゃんたち。2頭のお母さんから産まれたパピーちゃんたちの総勢、なんと17頭。12頭と5頭が1週間差で産まれたそうですが、経験の長いブリーダーさんでも、12頭の出産(しかも、産まれた子、全部が生きている)というのは、さすがに経験がないそうです。

Hah041302

 17頭のうちの1頭を引き取りたいということで、大阪から来たというご家族と、そのご家族と入れ替わって、比較的ご近所に住んでいる初老の男性が見学にいらっしゃっていました。謙太に何度も会いに行った時のことを思い出してしまいます。

Hah041303  謙太はパピーちゃんたちにも、見学にいらっしゃったお客さんにも警戒することなく…いや、むしろ喜んでいて、だからと言ってはしゃぎ過ぎることもなく、おとなしくしてくれていてひと安心。先にいらっしゃったご家族の、小学生の娘さん2人に、しきりに「かわいいね~」と撫でてもらってご満悦だったり、パピーちゃんに興味津々だったり。彼らしいなと思いました(笑)。

Hah041304  17頭も産まれたので、個性もさまざま。あまりバセットらしくなく、顔の真っ黒な、ご主人いわく「こんな顔で産まれてきちゃって『すみません』君」や(でも、彼はかれでかわいいですよ)、背中の柄がまるで水着を着ているかのような「レオダートちゃん」などなど。カミさんが2頭目にするなら…と考えている、ブラック&タン(コロンボくんのような顔)の女の子もいました。さすがにこの子たちを飼うのは、謙太が成長するまでは無理ですが…(笑)。

Hah041305  パピーちゃん以外のファミリーも、相変わらずの元気さでした。謙太だけではなく、アルル姉さんのお爺さんにもなる虎太郎爺さんは、ショードッグとしての活躍が長く(その甲斐あってか、いくつかのショーでチャンピオンなどのいろいろな賞を獲っています)、それだけにプライドも高いので、人に対しては優しくても犬に対してはちょっと厳しいなど、優しい子の多いこのブリーダーさんではちょっと変わった存在。バセットらしくグデグデしていましたが、今でも35キロを超える堂々とした風格です。

Hah041306  そして、お名前は聞いていませんでしたが、ちょっと変わった色の女の子(ましゅー君とお父さんが同じなんだそうです)と、去年、名古屋のショーで好成績を獲った女の子、スタンレーさん。スタンレーさんは、今後はお母さんになると思うのですが、パピーちゃんが楽しみです。スタンレーさんの次にショーに出陳する時が子がいたら、ぜひ応援に行きたいです。

 ブリーダーさん宅はお邪魔すると、ワンコ談議や、(なぜか)カメラ談議に花が咲いてしまい、それにおいしいコーヒーを出していただけるので、ついつい居心地がよくて長居してしまいます。今日は急な予定があって、1時間ほど謙太を預けて出ていたのですが、その間もおとなしくしてくれていたそうです。まだ謙太がパピーだった頃、「かるがも親分」状態で面倒を見ていただいたご主人のことを覚えていたようで、ご主人の後に着いて歩いていたんだとか…。こういうところが、まだまだお子様ですね(笑)。

 さて、次に「里帰り」する時は、謙太の兄弟も一緒…だといいなぁ…いや、絶対に一緒に行きますから、同胎犬オーナーのみなさん、心しておいてくださいませ(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

親類どうしで水いらず(?)

 前回のエントリーから間が空きました。その間、謙太にもプライベートにも、そして仕事にもいろいろとあったのですが、書いていられないので全部すっ飛ばします(汗)。

0412dri01  今日は、DRI(ドッグリゾート犬山)さんでアルル姉さんと久しぶりの再会。ましゅーくんとご対面した時以来のことだと思うのですが、今回もその時のように3バセ揃い踏み。メンバーはアルル姉さん、兄弟のコロンボ君、そして謙太。アルル姉さんはお爺さんが一緒なので、今回は親戚水入らず、ということになりますね(笑)。

0412dri02 コロンボ君はしつけ教室の最終回とセルフシャンプー、プロのカメラマンによる無料(写真代のみ)撮影会に参加するためにDRIさんに来てくれたので、それに合わせてアルル姉さんと謙太も一緒に会いましょう、ということになったのですが、撮影会ではコロンボ君撮影のための「エキストラ」としてアルル姉さんも謙太も出演。結局、撮影会には参加するつもりはなかったのですが、気づいたら3頭揃い踏みの写真を買ってしまいました(笑)。やっぱり、プロのカメラマンが、きちんと撮ってくれる写真は違います。

0412dri03  会った直後も、撮影会中も、そして帰る前も、アルル姉さんやビビちゃんを差し置いて、コロンボ君と謙太はひたすらガウガウ。コロンボ君のトレーニングを終わらせたばかりでランに戻ってきたトレーナーさんいわく、「あんなに仲良くできる相手はそうそう見つからないから、好きなだけ遊ばせてあげればいいですよ」 とのこと。確かに、DRIさんには何度か通っていますが、ここまで仲良くガウガウ遊びしているのは、なかなか見かけないように思います。コロンボ君、これからも謙太をよろしくね~。

0412leaves01  コロンボ君が一足先にセルフシャンプーに入ることになったので、アルル姉さんと謙太はお先に失礼したのですが、せっかくむらさきさんにご足労いただいたからということで、車で少し行った所にあるカフェ、LEAVESさんへ。テラス席に入るやいなや、ガラス越しに見えるテーブル席のお客さんから、それはそれは熱い眼差しを受けまくる3人+2頭。さすがにちょっと恥ずかしかったかも(笑)。アルル姉さんも謙太も少しお疲れモードで、すっかり佇んでいました。

0412leaves02  店の前で記念撮影をしてからお別れ。また遊びましょうね。そして明日は、ちょっと遠出したいねということになって、伊勢のお郷へ日帰りで「里帰り」してきます。ちょうど半年振りにご両親との再会します。あと、産まれたばかりの17頭のパピーちゃん達を前に、謙太がどう出るかがとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)