« はじめてのノーリード | トップページ | ウッドチップのランにばあちゃん、おばちゃんと…。 »

善光寺にセントバーナード、じいちゃんと爪切りと。

 平日休みが取れたので、この時ばかりと1泊の小旅行に出ることにしました。朝早くに出て中央道に入り、まずは駒ケ岳SAで休憩。もうちょっといいバックがあればよかったんですが(笑)。
1207koma01

 通勤割引と休日割引を最大限活用するために、複数のETCカードを使い分けてひた走ります。そして、上信越道の長野ICで降りて、まず最初に目指したのが善光寺。犬を連れてここまで入れるというのはすごいですね。
1207zenkoji01

 お参りを済ませて、善光寺の近くにある「Heart2dog」というドッグカフェでランチ。ここに先客としてお茶をしていたご夫妻が連れていたのが、なんと生後5ヶ月のセントバーナード!自分の犬をほっぽり出して大興奮していたのは、言うまでもありません(笑)。
1207hart03

 ランチにしながら、長旅で少し疲れた謙太は、いつものように、日向を探してグデグデとしています…が、この時の謙太の手足の爪の長さ、注目しておいてください。
1207hart01

 Heart2Dogさんは、こんな感じでとても眺めのいいドッグカフェ。いただいたランチもかなりおいしいし、大型犬を連れたお客さんが多いということもあり、ちょっと通い詰めたくなりました(って、無理ですけど…)。
1207hart01

 Heart2Dogさんを後にして、向かったのが「ドッグカントリーMEG」。ここは、謙太の父親、龍之介さん(登録名はスザンヌ)の出身ケンネル「ハッピーカントリー」でもあります。龍之介さんの父親(=謙太の祖父)、ジョーイさんや、兄弟(=謙太の叔父)のダビンチさん、謙太の従兄弟になるランビくんなどなど、大勢のバセット一族が住んでいるところでもあります。その一族に、謙太を会わせたかったのですが、ちょっとやんちゃなランビくんとはうまくご対面ができなかったものの、ジョーイさんやダビンチさんからは、一族の一員として認めてもらえたようです(左から、謙太、ダビンチ、ジョーイ)。
1207meg01

 で、こちらのケンネルでは、バセットの爪はなるべく根元に近いところをしっかり切っておくということを実践されているそうなので、謙太もその通りに切ってもらったのですが、すっかり伸びきってしまった謙太の爪、当然、神経も一緒に切ってしまうことに。トリミングルームから聞こえてくるのは、謙太のすさまじいバスボイス(絶叫)。待っている側も、さすがに気が気ではありませんでした。日本では入に入らないという超強力止血剤の力も借りて、無事に爪切りを終えた謙太。フローリングを歩いても、カサカサと滑ることはなくなりました(Hart2Dogの日向でグデる謙太の爪を見ていただければ分かるかと…)。
1207meg02

 ハッピーカントリーさんではかつて、ゴールデンレトリーバーの繁殖もされていたそうで、お店にはラルクさんという初老のゴールデンもいました。彼はショードック引退後は、完璧な訓練を受けた正真正銘のセラピードック(人の顔を舐めたりもしないし、尻尾を踏まれても絶対に怒らない)として活躍。いまはそのお役目も退役して、お店にやってくるお客さんに、その優しさを振りまいています。本当に、見ているだけで癒されます。
1207meg03

 こうして1日目は終わり。ペットOKの宿で1泊(最近できたらしいプチホテルでしたが、夏に行った高山の「わんパラ」より満足度は高いかも?)。さすがに冷えるので、暖房の前から離れようとしない寒がり犬と化した謙太でしたが、翌朝はハッピーカントリーさんの犬舎に向かい、祖母や叔母に会うことにしたのでした。
1207heater01

 ということで、続きはまた後日。

|

« はじめてのノーリード | トップページ | ウッドチップのランにばあちゃん、おばちゃんと…。 »

犬:お遊び」カテゴリの記事

コメント

いい天気で良かったですね~
出先でセントちゃんに会えるなんて超珍しいですよ
ドッグカフェ眺めいいですね、しっかり根が張りそう(笑)

しかし…ケンちゃんの爪思いっきり短くなりましたね(^^;)
ここまで切るのってかなり大変だと思います。
さすがメグさんですねぇ
アルルを見たら強制トリミング間違いなしです。。。

投稿: むらさき | 2008年12月 9日 (火) 15時16分

謙ちゃんの爪がチョーうらやましいです!
セロリどうしても切らせてくれません。
このところ腕力で押さえ込めなくなってしまったし
長野の爪きり屋さんのノウハウを
引き継いでる、関西のトリマーさん知りませんか~
お医者さんにいくしかないかなぁ~

セロリのもう一人のじいちゃん楽しみです。
どうも「目」はそちら方面の「目」かなぁと思うんですよ!

投稿: セロリママ | 2008年12月10日 (水) 08時06分

こんにちは、四日市でお会いしたイブです。その節は応援ありがとうございました。 謙太君のブログ楽しく拝見しています。
謙太君長野まで行ったのですかいいなあー、私もハッピーカントリーさんのブログを毎日見ております。
イブの爪切りは仔犬のころから慣らしていたのですが、一度深爪をして痛がってからはなかなか短く切れません。今では爪の長さはバラバラです。
又いつかお会いしてゆっくりお話したいですね。

投稿: ラブバセ | 2008年12月10日 (水) 21時35分

むらさきさん:
 あのセントくん、Herts2dogさんの常連だそうです。ますます、通い詰めたくなりましたよ(笑)。

 メグさんが言うには、「うちがたぶん、日本でいちばんバセットの保停に慣れていると思いますよ。そうでないと、あそこまで爪は切れません」とのこと。メグさんに、トリミングのスタッフを加えた女性3人で、怪力のバセットをしっかりと押さえつけるそうです。さすがですよね~。

投稿: b/clouds | 2008年12月13日 (土) 19時09分

セロリママさん:
 うちでも、強引に切ろうと思えば切らせてくれますが、あそこまでしっかりとは切れません。

 ここまでしっかり切ってくれたのが嬉しいので、「爪を切るためにここまで通わないといけないかも…」と言ってみたら、埼玉や新潟から爪を切ってもらいたいがために、定期的に長野まで通って来るバセ飼いさんが本当にいるそうです。我が家からも3時間ぐらいで行けてしまいますし、本当にそうしないといけないかなぁ、と本気で考えてしまいました(笑)。

投稿: b/clouds | 2008年12月13日 (土) 20時43分

ラブバセさん:
 こちらでははじめまして、になりますね。読んでいただいていて、嬉しいです。

 ハッピーカントリーさん、楽しかったです。三重からだとちょっと遠いかも知れないのですが、いつか行けるといいですね。

 家での爪きりは謙太も苦手です。慣らしていくつもりだったのですが、根気よくできなかったので、結局、脱臼するんじゃないか、というぐらいに強引にやってしまいます…。深爪もしてしまったことがありますが、自分が血に弱いので、頭がクラクラして困りました(汗)。

投稿: b/clouds | 2008年12月13日 (土) 22時40分

謙太君の爪短くていいですね
さすがメグさんの所ですね
埼玉から通っている方に心当たりあります

投稿: きよ | 2008年12月30日 (火) 22時34分

きよさん:
 せっかく短くなった謙太の爪ですが、さすがに伸びてきました。でも、まだ神経がきちんと収まっていないようで、どこをどう切ればいいのか、分かりません…。また、3ヶ月後に長野まで行くことになるのかも?(笑)

 埼玉からメグさんの所に通うバセットさん、誰なんでしょうね?ちなみに、新潟からも通っているバセットさんがいると聞いて、真っ先に和さんが思い浮かびました。すぐに違うと分かりましたが…。

投稿: b/clouds | 2008年12月31日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212812/43361598

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺にセントバーナード、じいちゃんと爪切りと。:

« はじめてのノーリード | トップページ | ウッドチップのランにばあちゃん、おばちゃんと…。 »